人員不足の時における管理者(マネジャー)等上司がしなければならないこと


現在どの介護施設でも人員不足で困っています。当施設も同じです。
介護施設の人員不足は、ある限界点を超えたように私は思います。
しかし、毎日の介護サービスを行っていかなければなりません。
今日このような状態の時に管理者(マネジャー)等上司は、何をしなければならないかを下に記載しました。
ぜひ、管理者は実行して下さい。

  • 1. 人員不足であっても、緊急時を除いて残業を増やしてはならない。
  • 2. 上司もできるだけ残業をしないようにする。残業すれば私の評価は低くなる。
  • 3. 現場が最も大切だということを認識する。
    私たちの仕事は、現場の介護サービスの質を高めて利用者の生活の質を上げることである。
  • 4. 現場が人員不足の時は、管理者も現場に入る。
  • 5. 仕事の効率化を図る、無駄な会議や無駄な事はしない。
    仕事は、必ず時間の中で終らせるという強い意志がなければならない。
    不必要な会議はしない、必要な会議等はできるだけ短時間(15分~20分)でする。そして関係する者だけが集まる、関係ない者は集まらない。
  • 6. 上司は部下の2倍3倍働く。
  • 7. 上司の背中を見て、部下は育つ。下から上の行動は、よく見える。
  • 8. いくら人員不足であっても介護の質について妥協しない。
  • 9. 規律を保つ、決ったことは、必ず行う。
  • 10. 組織は内部から腐る。
連絡先
〒670-0072 兵庫県姫路市御立東5丁目1番1号
079-291-6666