第1回播磨料理競技大会(HDC)


日時:2018年3月13日(火)
会場:株式会社大阪ガスクッキングスクール

プログラム 

9:30~
受付開始

10:00~
開会式
理事長挨拶
審査員紹介

10:15~
HDC大会開始
調理時間 1時間30分 問題は競技大会と同時に配布
【ご飯・筑前煮・酢の物・茶わん蒸し・みそ汁】
※8食分
(使用した調理器具の洗浄まで)

11:45~
審査・食事

12:30~
最終講評・表彰式・閉会式

初の料理コンテストに当たりご挨拶

 本日、初の料理コンテストが開催されるにあたり料理コンテストの意義に触れながらご挨拶を申し上げます。
 当法人の副理事長であり法人本部長の笹山周作さんはかねてより「料理は美味しいことが何より」という強い持論をお持ちでした。
 なるほど、料理というものは第一に衛生的なものでなければなりません。次には、体に良いものでなければなりません。第三に、美味しいものでなければなりません。さらに言えば、美しく見えれば尚よいでしょう。漢字の料理とは、「物事の理(ことわり)を推し測る」という意味が込められています。カロリーがあり、繊維質も豊富でビタミンもバランスよく摂れるように推し測って食べ物を造る、といった意味だと思います。栄養学はこのことを重視します。しかし、それだけでは食べ物として十分とは言えません。笹山さんが主張されるように「美味しいこと」を最も大切にする心構えが料理人には大切です。英語で料理をすることをCOOKといいます。クックの意味は「熱を加えて食物を料理する」ことです。生ものは料理といわないのですね。ゲテモノも料理の範疇に入らないのではないですか。ある日本料亭のシェフが「料理は奇をてらうものではなく、心を込めるもの」といっていました。
 今日のコンテストではどんな作品が見られるか楽しみです。

平成30年3月13日
社会福祉法人ささゆり会
理事長 塚口 伍喜夫
審査委員
学校法人みかしほ学園  日本調理製菓専門学校 製菓製パン校 施設長水野 博
学校法人みかしほ学園  日本調理製菓専門学校 調理師校 日本料理主任酒井 宏純
社会福祉法人ささゆり会   法人本部長笹山 周作
社会福祉法人ささゆり会   サンライフ魚崎 施設長佐藤 光子
競技出席者
番号
法人名
所属
氏  名
1さくらケアサービス株式会社介護付有料老人ホーム
サンライフさくらひめじ
中島 泰加鎌田 佳奈
2さくらケアサービス株式会社グループホームさくら野里三木 奈津子林 豊子
3社会福祉法人 ささゆり会特別養護老人ホーム
サンライフ土山
細川 みつ子山本 正子
4社会福祉法人 ささゆり会特別養護老人ホーム
サンライフ魚崎
田中 由香幸田 久栄
5社会福祉法人 ささゆり会特別養護老人ホーム
サンライフ御立
安田 美季太田 優花

播磨料理競技大会(HDC)の様子

最優秀賞

さくらケアサービス株式会社 グループホームさくら野里
三木 奈津子
林 豊子

優秀賞

社会福祉法人ささゆり会 特別養護老人ホームサンライフ御立
安田 美季
太田 優花
連絡先
〒670-0072 兵庫県姫路市御立東5丁目1番1号
079-291-6666